niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

健康

健康的 というのは 魅力とか よいことを表現する言葉だと思う

 

健康である てことは 病気ではないということかな?

多分 いまどき こんな事は 検索窓に打ち込めば 反対語 から、個人的な意見まで 出てくるだろう

 

身体障害は 病気なのかもしれないけど

原因は病気にあるかもしれないけど 結果的には身体的な特徴に近いのかもしれない

 

わたしは言葉に 不自由 障害が出てしまった

 

相手に 声も聞こえない時もある

声は届くけど 何を言ってるのかわからない時もある

本当は具合の悪い時のほうが 誰かにものを頼まなければならないことが多い のだけど

具合の悪いときには言葉も同じように伝わりにくい

 

自分のことが伝わらない状況というのは

すごく 辛いもので

頼みたいことはだいたい手を借りないと出来ないことだったり、

なにも話さなくて 過ごせるなら 話せなくてもそんなに困ることはないのかもしれないけど 

 

 

この間 弟の子どもたちと居た時に

いちばん下の姪っ子が「ねぇねの声が小さくて聞こえないよう〜〜」と言った

わたしは自分の話し方をあまり把握出来ていない

だから、「ごめん ごめん  大きな声で話さなきゃね!」と言った

 

でも、次にあったときには「ねぇね の言葉はなに言ってるのかわからないね〜〜」と言われて

…わたしは そんな言葉を聞くと さみしくもあるけど ありがたいと思う

大人は 変な気を遣って指摘をしてくれないから

わたしのように自分に気付かない人もいるらしいので

 

でも一方では 聞き返されることを好まない人もいるらしいので  一概には言えないけど

だから 実は 大人が遣うのは「変な気」ではない

それは 思いやりだったりもすることを

 

自分の話し方が良くないから わかる気持ちは

自分だけに留まらなくて

いろんな優しさを知ることになるのです

優しさだけではなく、人が持ついろんな気持ちも

 

姪っ子の わたしの言葉を聞いて 返事をし、おしゃべりしたい気持ちも

よくわかるのです

 

リハビリして 少しでも多くのコミュニケーションをとらないと

次なる手段は またそのときに考えればいい

多分 その時にならないとわからないことが多いから