niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

話し合い

今年 42歳になり、結婚してから12年経った
こんなに早く 介護など「される」立場になるとは思わなかった
こんな問題に悩まされるとも思っていなかった

今でも 自分と同じくらいの歳の人が
普通に歩き、普通に話しているのを見ると
「いいなぁ」と思う
でも それ以上は考えないようにしている
比べても仕方ないので

 

普通なら家事をしたくないときは「したくない」と言うと思う
身体が動かないふりをしてサボるなんてことはあり得ない
そんなまわりくどいサボりかたをすることはない

それを指摘しながらも いちばん理解しているのは 旦那だと思う

 

今日、ケアマネさんと話し合いがあった
わたしは何人もの人がたくさんに話し合う場所が苦手になった
話をしてもまず わたしの話は1度では聞き取れないと思うし
正確に伝わることも少ない

 

だけど、話の内容も全部理解しているし、流れもわかる 本当は自分の意見もなくはないけど
わたしが話すと聞き取ろうとするみんなが 耳をすますので余計にきちんと話さなけりゃ、とプレッシャーを感じるのかもしれない

 

わたしは置いてけぼりな感覚になるんだけど

 

旦那が今日言った言葉は
「こいつがかわいそうなんですよ、みているのが辛い どうにかしてあげたい」と

 

 そういうことはあまり聞かないけど
本音なんだろうな と思ったら 病気はひとりのものではないな、と思うのです