niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

死ぬことと生きること

最近 わたしの人生は面白い方だと思う

無難ではない、疲れるし、突拍子のないことばかり

見かけで判断されること、差別を受けること、ひどい嫌われ方、

これは容姿のせいだけではないと思っていたけど

結構容姿は嫌われる対象になる

何もしてないけど何かしている

 

「楽しまなきゃいけない」 自分に求める楽しさは

自分の頭の中で視点を変えることで

どうにでもなる 

自己中心であろうと 楽しまなければ死んでしまう

 

発想が出てくることはまだ生きられること

想像力で生きられること

それは要するに 心がいきてること

だけど 

心だけが生きていると アンバランスが生じて

 

やっぱり死んでしまう

 

当たり前のことなんだけど

なんか 特別視している 死亡するということ

 

自然にしていたら死ぬもの

不自然にしたら生かすもの

 

そういうことじゃないのかな