niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

頭の中 今日の夕方

普通の人 と 障害を持つ人
ちがいは もがき続けるか そうでないか
もがき続けることをはじめるのは
自分では決められない
ほとんどが死ぬまで必死にもがき続ける
自分の生い立ちから、死までを考え
人間の基本的な動作に憧れ 辛い一生を送る
常に自分の存在価値を問い 些細なことからそれを見出しては 自分を納得させながら生きる
ささやかな幸せや楽しみを持ちながら

 

そんな「人種」であると思う

 

中には より良くしよう、と行動する人も出てくるでしょう
それを見て聞いて なぜ争いが起こるのか
みんなが良くしようと思うときにはモノゴトは動くと思う そこには多分 平等である必要はないけど 平等に近い つながりがないと 動かない気がする
権力を持たない世界 …無理だと思う

 

誰かが掲示板に書いた
「こんな掲示板なくなっちまえ」と
書き込みに対して今はこう思う
患者さんはひとまとめではない 個人で、個性だと思う 一生懸命生きている それは自分の人生は良いものだったと思いたいから、それに尽きると思う 患者さんの集まるところが 争いの場であってはいけない
誰かが泣いてもいけない 

 

…こんなこと、考えてました