niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

懐かしい響き

よく服を買った

好きなお店によく行った

歳をとってもお洒落でいたいと思っていたけど

お洒落どころかふくをきるのにやっとこ、

お洒落どころじゃない、まず、動きやすさと洗い替えのきくもの

要するにいちいちクリーニングに持ってくような素材ではダメ

とにかくワンピース……それで、「入る服」が条件

 

30代になって服を買う時になるべく定番のもので多少値ははっても

長く着れるものを… なーんて、この年頃の思うことらしい、わたしも例外もれず

そんな事考えていた

 

まあ、購入品のコンセプトは変わった

別に長く着るような予定もなくなった

楽で安い服がお洒落でないことはない

お洒落しようって言う気持ちが大事だと

 

いっとき見なくなった洋服のブランド名を見て

また洋服屋さんでいるのを見て

頭に 恵比寿から代官山まで、ハイスタンダードの木の階段、取り置きしてもらった

A.P.C  のべっちんのパンツスーツ、大好きだったバーバリーのネクタイ

いろんなことを

楽しかったなぁ……

 

遠い昔でなく、遠い世界

時間でなく空間、それが変わったと思ったら たいしたこともない

そういう知恵をつけて行くんだ

 

 

……今日も元気なわたしがいて、それが、実はいちばん大事なことだと気づく

 

こんな事を考えだしたのは昔の写真を見つけたからかも知れない

(健在なのは黒猫姉妹)

f:id:niemotti:20170527081856j:image