読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜日の夜

土曜日の夜  

もうどこにも行かないのがもう何年も

たまーになにかのきっかけで 夜の道、夜の店、夜の空を見ると

自分のいた世界に思えない

ひとりでは歩けない

さみしくはないと思っていたけど  今日はさみしいな

遊びに行きたい  何をするでもないけど

むかし、旦那と結婚する前は仕事が終わってから公園で缶ビールを飲んだ

それだけでも 缶ビールは美味しいなぁとおもったもんで

 

そんなこと、この歳になってあんまりしないかもしれないけど、

そんなこといつでもできると思ってた  夜に公園に行って空を見ながら缶ビールを飲む

 

それだけなのにな

 

よくさぁ、こういう気持ち書くとあれこれと勝手に憶測なはずなのに

病気になったからって「元に戻りたいの?無理だよ」と親切に教えてくれる人もいるけど

そう思ってもいいんじゃないかって思うようになった

出来ないこと考えてもいいんじゃない?

すべてがかならずしも自分の憶測でないってわたしは思う

考えるけど その人なりにやり方はある

みんなバカではない

 

土曜日の夜の思い出をふりかえってもいいよ、

元に戻りたいって思ってもいいと思う

それが多分、本音だったりすんじゃないのかな

 

…苦しいのは自分だからね