niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

お祝い

f:id:niemotti:20170216153508p:image

niemotti’s mysterious everyday を開設して2年が経ちました

 

…というお知らせが昨日届いた

そうか、そんななるのか

わたしは、また巡って来た人に対する考え方の難しさに

悩んでいる

 

言葉があるんだから聞けばいいのに

なんで、確認しないんだろう

特に、人に物申すときに不確かな情報や、憶測で決めつけては

相手はいてもいなくても一緒に思う

だって意見が要らないんだから

 

人形ではない  

 

考えがある、それは相手に納得の行くものではないかも知れない

だけど、よく考えてみると、状況が、何もかもが一緒の人など

わたしは出会った事はない

だから面白くもあるし 面白く思わないといけないと思うし

 

でも、そんなに簡単なことではない

それもわかる

 

多分、大切な人に 大切だと言うことはなんとなく伝えたいもので

状況や価値観の違いなんかは前提としてある中で 関係を築いてきたと思う

それは 人付き合いの基本であったり、

必ずしもが 自分にとっては 自分の基準なんかはあてにならないものなのに

 

わたしにとっての当たり前は

誰かに当てはまらないと思うから  

自分にとって、としては考えない

 

ただ、わたしがしたくないことは  相手の 何かを思い込んで しまうこと、

されたくないことは確認もなく決めつけられること

 

一方的なのは構わない

そうしなければ、意見を伝えられないことがある 自分の変わった動きのため

正直、何にでも一気に進められることなんかは減っていて

そんな痛いところに触れるような、

それは痛いです

 

嫌なことは言ってくれると思っていた

安心していた   けど

同じことの繰り返しだと思ったな

 

裏切りだと思った時に裏切りだと言ったら それは 裏切りだと思う

言う前に どうにかしたい気持ちは ないと  

 

それがわかったら、 さみしくなったけれど  

その程度の付き合いだったと 思う

 

人は難しい 

わたしは 時間が経つのを待つ