読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、話せる人からきたメッセージ

わたしには、病気の話を何でも話せる友だちがいて

その方から頂いたコメント  彼女にはいろいろ教わる

( 「生きる気をなくす」に頂いたもの、彼女にことわって記事の方に持ってきました)

 

「あなたの持つ障害の部分が死ぬほど嫌い」なのではないでしょうか?

障害を持つniemottiさんが嫌いなら、一緒に住んでいませんって。

------------------------- 長くなりますがごめんなさい。 わたしはよく、自分を女優だと思って、からだの不自由な人を演じていました。それは本当は演技ではなく、実際にできないことを手伝ってもらうことなのですが、「だれか、だれかおらぬか。布団をかけてくれる係はおらぬか。このままでは姫は凍えてしまう」などとセリフのようにして、わけのわからないうちに、家族に手伝ってもらえるようにしていました。これが結構楽しくて。不謹慎かもしれないけど、次はどんなキャラで呼ぼうか、とか考えてると、気が楽だったように覚えています。

 

彼女は、知れば知るほど 考え方が面白い

でも、誰でもにはわからないかも

 

そんな友だちがいることは嬉しいことなのです