niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

被害妄想 だったらな…

わたしは 人間出来てないから

我慢していると たまにギャーギャー言いたくなる

 

障害があるから悪いと思う気待ちは 完全に消せない

人の時間借りてんだから、謙虚さは必要と思う  あと心からの感謝

こんな風に思うことに不自然さはない

ホントに感謝しなきゃ生きていけない

ホントに ありがとう と言う言葉が必要なわたしだ

 

ありがとう と言う言葉がなかったら

困っていた

でも、ありがとう  以上はないんだよ

 

わたしが 気待ち悪いと言う

わたしが 気待ち悪いと言われる

普通の欲求は  贅沢だの 生意気だのと言われた

 

どっかに境界線があった

わたしはここにいて、彼とも会話はできるけど なんか間に挟まるもの

 

わたしは自分に慣れはじめた

慣れはじめたばかりなのに  周りは容赦ないからね

 

わたしは自分が未知なのに 

聞かれても困る  性別を亡くした

生きてるのに 生きてないような

彼から安否確認の電話が入る

ただ、動くか否かの質問

 

わたしは 女でもなんでもないと言われた

わたしは自分が女性だと思っていた

いつの間にか そんなこともわからなくなっていた