読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出のきっかけ

今日は もう夜中の2時を過ぎていて、

旦那は仕事で遅かった

いつもみたいにリビングでいびきをかいている

わたしが苦手な映画を観ているのは 画面を見なくてもわかる

多分これ  精神的にもくるやつだな、と映画を勝手に分析して、iPhoneにイヤホンを差し込んでYouTubeで中学生の頃に好きだった曲を聴きながら洗い物を始めたら  泣けるくらい懐かしい  んと、「感じ」がして、夢を辿って思い出す感じだなぁ

嫌な感じはしないよ

原宿の駅を思い出した

多分、イヤホンで聴いたからだろうなぁ

当時は お金もないのに 原宿のラフォーレのたしか下の方の階に (もうないけど)

OZONE COMMUNITY  ていう洋服屋があった   後にOZONE ROCKSという名前になって、でも、そのブランドももうない

で、買い物しないくせにふらーっと行ったもんだわ

 

今現在、   …そして、洗い物を終えて、ソファに座り、イヤホンからの懐かしい曲を聴いたまま これを書き始めた

懐かしい曲を 演奏してるバンドのメンバーは いつか肺を患って亡くなったって聞いたなぁ

 

あたしは こないだ、リハビリの先生との話しで あまりよくない未来の話をした  もちろん 憶測でしかないけど  かなり 近い未来で 

かなり 不自由なわたしがいる 未来で

でも、多分、わたしは生きていて また数十年前を懐かしい雰囲気を 何かのきっかけで 「感じる」ことはたくさんあるんだろうな

 

懐かしい  は、嫌いではないんだ