読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の自分の常識は

友だちと話をしていて

現在進行形で体調が優れない話をした

彼女は「じゃ、横になって!」と気を遣ってくれた  でも、横になって楽になる事は あまりない

意味はわかります   要するに「休んでください」てことで、

ありがたく、頂くんだけど

 

この疾患、今までの常識が通用しない

横になるのはひとつの手であるんだけど、

横になる方がキツイ時もある  でもそういう言葉って思いやりからものだと思う

ここで言いたいのは病気が変えた 今までの自分との比較   とか言っても難しくはない  

ホントにシンプルだと思う

要するに  人と違う動きをするだけ、かなぁ

 

さらに言えばそこで多少今までとズレが生じる事もあるって事

家族に「早く寝なさい」と、年中言われるほどには慢性的夜更かし生活

「寝る」って事が一時苦痛でしょうがなかった

とにかく、じっと寝てる事しかできないくせに、眠れない

それは寝姿勢が凄く疲れてしまうからです

そんなことあるのー、へぇ、嫌な病気だな、なんて思うより

そんな事は考えてる時期はもう、超えたような

 

自分に起こるすべての事は現実

これまでに起きたすべて過去も現実だった、

これから起きるであろう未来も現実

わたしは常に自分に向き合うことが理解する事だと思ってきた

 

なーんて、そんな難しい事じゃない

当たり前の事、ちょいと変化をしただけだ

今では自分の動きになりつつある

受け入れるも糞もない、 ただ、これが    わたし