読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドーナツとゆうもんは (題名と本文はあまり関係ないです)

独り言

昔売ってたもの、思い出すことが最近多い

よく思い出すのは、やっぱりお菓子かな、

「懐かしい」っていろんなことに言える歳にやっとなった気がする

アイスも思い出深いですよ

子供の頃って子供だから今のこの年齢の好みとは違うんですよねぇ

だけど、人間「無い物ねだり」だと思うから当時の自分は無視して

ああだったら、こうだったら、と今の感覚で思う

 

わたしがまだ小さな頃は 漫画の「三丁目の夕日」が頷いて読める部分が

少し残ってる感じ

いい時期(時代)に生まれたんかなぁ、

なんて歴史の授業をたまには真面目に受けてる時に思ったりした

 

多分、小学校に上がる時期か、それ以降によく遊びに来るおばさんがいて

ママの友達だったんだけど、

わたしが出会った頃は既に脳腫瘍があって、闘病してたようだった

 

そのおばさんがよくお土産に持ってきてくれたドーナツ

当時はその紙の箱が台所にあると、すっごいテンション上がったもんだ

で、それが何かしらべたのね 

 

f:id:niemotti:20160615201826j:image

これでした   Σ>―(〃°ω°〃)♡→ 

 

1982年の商品

…てことは、わたしが産まれたのは75年…だから、やっぱり記憶とあってる!

ワ———ヽ(・∀・)ノ———イ

 

こんな風に思い出を振り返るのも面白いよね

ふぉふぉふぉ。。。