niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

もしも 空が飛べたら

「もしも空が飛べたら」というコトを考えるときは かなり現実的なコトを考えてしまう
多分、足が利かなくなっても出来るであろう「飛ぶこと」 だから、漠然とした人類の希望みたいな感じくらいには考えるという
飛行スタイルとかさ、定番から変わり種もあるよね
(わたしはいろんな角度から考えて   正座がいいと思う…

まずは、これは「楽ではない」とか「ある程度の覚悟」が必要になってくると思う
空から落ちた場合の打撃は想像をはるかに超えていると思う
…夢も何もありませんね…

空を飛んだことある? こう聞かれたら飛行機も入るよね 「ハイ!」
て答えられる時代には間違いない
わたしは多分、もう海外には行けない
なぜか勢いでロンドンに行ったのは、夢みたいに思う
最初で最後の、憧れの国に訪問  何してたか? …買い物行って…
…寝っ転がってテレビみてました…

そんなもんだ、はははははは