読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手書きの手紙


わたしはよく手紙を書いた

いちばん身近にいるひとから 知らん人まで
手に鉛筆を持ち、字を書くことは好きで、絵を描くのがすきだったのも、
デザインみたいなもの・手法よりは手に筆を持ち、描くのが好きだった
 
字は汚かった、けど、唯一褒めてくれる人がいて、妹だった
お姉ちゃんの字、好きだよ っていつも言ってくれた
なぜかは分からないけど
振り返ると、妹とも手紙のやり取りをしたような記憶がある
「往々にして女の子は手紙や日記が好きなはず」
という頭があるのは事実です
女性らしさがよくでるのも 手紙のいいところみたいに思う
 
女性限定の言葉の使い回し というか
 
私は研究家でも 専門学者でもないから 自分で考えた事しか書けないけれど
それがブログだ!!と思って自分をごまかす(?
 
…戻ります…
で、ある時、字を書くのが困難になって、
手紙などとんでもないと思う時期はあっという間にやってきた
字を書くって事が少なくなってきて、病気を患い、本当に自然に書けなくなっていた
 
もし、字も書けんくなるって知ってたらもっと必死に字を書いてたかもしれない
…ていうのは言い訳で、やっぱり字を書くのに努力が必要だと思ったら書けなくていいと思うかも知れない
て言うのはわたしにとって手紙って自然にかけるものだったから
 
お漬物のプレゼント、一緒に入っていた手紙には
やっぱりメールとは違った暖かさがすごく感じれて、
お漬物があったまってしまいそうだった
 
温度が感じられる伝え方、手紙には勝てるものがあるだろうかね??
 
大切な人に、一生懸命書いた手紙は、残っているものもあるかもしれない
それが手紙かなぁ