読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

また戻るんだろう

あまりにもネガティヴ過ぎて
迷ったけど 書いてみよう

わたしは夜が好きだったことはあまりない
多分、今だってこうして文章を書くことが出来るうちは同じ時間に起きてる誰かを
確認してホッと出来るだろうな
パソコンも普及してない時は夜は世界に1人しかいない気がして少しの音でびくっとした

手も足も動きを止めた時の想像なんかするもんじゃない
それが現実に起きること、可能性が高いならなおさら


そんなふうになったとき
パソコンは普及してるけど、夜は世界に1人しかいない気がして少しの音でびくっとするんだろう