読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部屋が汚いんだわ

部屋の掃除が出来ない
動くけどやらないってことなら常に経験し続けてたんだけど、
短くて3日、長くて1週間、そのくらいに一度くらいは綺麗に掃除した
やれば出来たもんだから
潔癖性ではないし、むしろ汚れてるほうがいいって言う感じ
汚れてるったって、それなりには片付いてて
少し前から極端に目をつむるようにしてみた
ま、いいか、別にいいか、って
身体が今までの動きを止めたもんだから、生活だって変わる、
家の中も

ものを減らさなきゃ、それが手っ取り早い

自分の思い通りの部屋に住んでいながら ちゃんと行き届かない
自暴自棄になっても暴れられん

自分がいちばんわかってる
「ここをキレイに片付けたいんだ」って思うけど最後まで片付けれる自信がない
途中で動けなくなったら片付けはじめたこと自体、後悔するもん
だから、まぁ良いか、って思うしかない
でも、そんな妥協をしてると飛んでくる罵声



いつもわたしが言ってた言葉、わたしが言われてる
「だらしないな…」「片付けろよ」
言い返す言葉もないからもう黙っていようかなと思う

また、苦手な映画を観てる
悲痛な叫び声に銃声、目を向ければ血まみれで逃げてる俳優
「こんな映画、作る必要あんのかな」素朴な疑問

そんな映画に釘付けの旦那は、何を思うんだろう
旦那「この監督、すげーんだよ」
あたし「何がすげーんだか知らんけど別に知りたくねぇすごさだな、きっと」

好みにしては悪趣味すぎる
もちろん、個人の好みだから各自好きにすれば良いだけだけど


まるで思い通りにいかない汚いこの部屋にはベストマッチなのかもね