読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

問題

独り言
病気は 子どもであれ、男性 女性 中性  既婚者であれ、独身だろうと、子どもがいようがいまいが 思いがけずくるもので、
それが、身体障害を招いたとしても、死に至る病気だとしても、なんだか難しいシステムで将来の自分がかかる疾患や 寿命がわかるなど言う時代らしいけど  知りたくない、知らなくていい、もしくは、知らない方が良かったなんて ありがちな話

わたしはまさに 体がモロ不自由になる病気になった
わかっていたら結婚なんかしなかったろうと思う
老老介護 て注目される?けどね、
40そこそこで介護される側とかになっても それはそれで考えるもの

すぐ喧嘩になるし、離婚するなんか毎日聞く、売り言葉も買うし、たまには蹴りに対して蹴り入れるけども

ホントは楽にして欲しい
まだ若いと思うと 老老介護の問題を出してもピンと来ないかもしれないけど
わたしの病気を隠してることもあるし、わたしは自分のせいで 配偶者が辛いなら、悪いけどそれ以上 一緒にいたくない
楽な夫婦なんてないと思う
困難なんか乗り越えられる方が奇跡で…
わたしは奇跡とかあんまり好きじゃない
特に自分だけに起こるやつ、
奇跡が起きますように!とか、考えてない
考えたくもない

強気でも弱気でもない  簡単に言うけど「病気を受け入れる」て全てを考え、知った上で出来ること

わたしはいつも笑っているけど  無理はしてない  だから、笑わなくなったら、本当に笑うことがなくなった時だと思う

無理に笑うには限界があることは わかっているつもり      
それが 40になったわたしのリアルでございます

そして、自分は配偶者に好意を寄せていたとしても 状態によっては 相手は他に相手を探したいと申し出を受けたら、断る事はしない

何かで読んだけど、病気にかかった奥さんは 旦那を「解放」すべきとか?
ひとんちのことだから、言えるんだな、と同時に 病気になった奥さんは そんなこと聞くために知らん人にアドバイスもらって、まにうけているのか   
答えがわかってるのに 

バカだな!!!