読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中途覚醒から朝食までの頭の中 (結局、元気)

おしゃれなものがすきだったのに
自分がボロ雑巾みたい
3時に身体が変で寝てられないので
渋々 起きた  
階段降りるとひんやりとしていて固まった    
わたしは今から、いつまで生きなきゃいけないのだろう  て思う    
身体の痛みも 苦しさも 違和感も最初は耐え難いものだった  和らげる手段がない
泣いて訴えた  原因不明の頃
何かの罰かな?  て思った
心あたりがあるとしたら わたしは自分で死のうとしたことがある 
それなら 納得いくかな  なんて、そんなことは間違えたこと 病気が罰なんて思っているのは 阿呆阿呆  
何かに理由があるとか理由をつけるのは
理由は対象になるモノコトを少し楽にするものだから だと思うんだ
なんで病気になるのか、誰かと話す
憶測だけで構成される会話はホントに答えがない
答えがない、というより、あり過ぎるんだね、正確には 正解がないのかもしれない

あ、内容変更するか
…ついでに何回かここで誤解されてきた 「頭がよさげに思わせている文章」について、内容が明らかになりました
これだけは書いときますが
学歴がないとは言っても 高校に通い、予備校にも行っていたから 大学受験する気もあきらかにあったし、簡単かもしれないし なんて言われようとも大検が受かったてことは高校に通った程度の学力はあったと思う

なにより、学歴にこだわる人に多いのは 学歴がない理由まで考えない人?
天上天下唯我独尊なんて難しいことをファッションにしている方もいれば
今にも死にそうに生きてる人もいる
ただ、勉強が本当に必要ないとか、死ぬほど嫌いとか 要するに行きたくても行けない人もいるてこと (毎日勉強アレルギーで蕁麻疹もかわいそうしょ)
それに伴う 思い出は時には辛いてこと
そら、そうだよ、夢だったものみんな捨てて 
文字通り ゴミの日に棄てたんだわ
描いてきた絵 と 画材

わたしは今ではなんてことはないと思ってる  
世の中で、「中卒」なんか言われるけど、その言い方は間違えてはいないし、否定する気もないけど その間もずっと生きてきた事がどんなことか、そんな事には興味がいかないのは当たり前なんだけど

強烈な見出しが好きなんだわ
どきっとするような
内容なんかあけてみたらたいしたことなく、むしろ 暴いた後の後味悪すぎて暴かなきゃよかった なんてこともある
 
知らない方が幸せかわからないけど
て書かなきゃいけない理由は
…そのくらいの学力もないと思わせるわたしは 笑い飛ばすスキルを身につけるか

はっはっは…