読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

様々な覚悟

独り言
いつかの冬、雨の強い、寒い冬の夜中  リビングで 大喧嘩した
なぜか 理由は忘れたけど

喧嘩した数 当たり前だけれど 同じ数
仲直りしてきた
ホントに嫌な時も 嫌いになった時もあったけど、今は いちばんの理解者になりつつある  

夕飯の準備、大根をおろしてくれたりとか、いつも食事はわたしの担当だからっててこずってたら つい、また、自分の動作に嫌気 がさして怒るとも泣きそうともつかない表情をしていたと思う
すると旦那がこんなことを言った
「もし 俺が 具合悪くなって死ぬようなことがあったら ちゃんと先に殺してやるからな、安心して」なんて言った
そして 「それぐらいの覚悟で暮らしているんだよ、だから安心しろ」と言った

正直、衝撃的な言葉だと思うけど、私には彼の真面目な気持ちが 凄く伝わりました   普通の暮らしをしていたら冗談でもびっくりする言葉かもしれない
でもそこには悪がない
私は「うん、ありがとね」と言った
ニュースで介護問題が取り上げられるたびにわたしたちのような家族は考えさせられるとも思う
介護は現実、隠しようもない 避けようがない現実

そんな覚悟をひとりで抱えていたんだなぁ……