niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

どこに行っちゃうのか

(ものの行方不明からわたしの行方まで)
 

私は昔から 掃除は嫌いだけど整理整頓は好きだった

 
掃除大嫌いな理由は掃除機の音、あの音が嫌い
だから多少の綿埃はあっても、ものを無くす事はあまりなかったように思う
 
使ったものはあったところに戻す
そうしないと困るのは自分だからと小さい頃から言われて来たし、思ってきた
 
それなのに なんで毎日なくすのかわからないけど   絶望的になるぐらい毎日タッチペンをなくす
タッチペンは使わなくて良い時は使わない
だいたい 打ちにくい時に使うので
 
だから余計に探しにくいし…
そういう時にはとても必要なもの
 
最近話す友だち、文字のやり取りではあるが、興味深い 話題をくれる
この間、先入観と偏見について話を交換していた中で、「障害者になる、てこと」を自分なりに考えてた、と、言うより はたから見たわたし て言うのを考えた、わたしはかつて、第一印象は、背が高い、とか「そういう」特徴であったけれど 「化粧がうまい」(褒められてるのかどうか…)  とか、たまには 女性らしさを言われたものだが、今はもう 身体の動きが目立ち過ぎるのだと思う、まず、女性である、とかパーツよりも、「身体が不自由な人」て思われる
最初はそれがわたしの第一印象になってることが惨めに思えた
なぜかと言うと そのこと自体に気づいていなかったから、自分では
自分への先入観として「身体が不自由な人」ていうのを知った時はまだ衝撃だったから、人とは会いたくないとかいう考えかたはあった
最近、ようやく、「わたしです」と堂々と(?  会えるようになりつつあって、
それが、その外への一歩が また自分の世界を少しだけ広げるものだとしたら、わたしは自分の世界を大切にしたいと思うんだ
 
昔は実は お化粧も好きだったし、
お出かけする時はおしゃれにもしてたと思う、自分で言うのも変だけど
今はまえみたいにはしたくない
変に目立つのは嫌だ
今はやっぱり 化粧毛のない、短く切った爪で唯一清潔感だけはなくさなければ、わたしの最低限の女性らしさを守れると思ってる
 
思ってるけどねーーーー…
 
 
こんなことを考えていた後に 気分転換に作った、くるみのキャラメリゼ
前向きな気持ちが込められてる気がする
f:id:niemotti:20160209044805j:imageh
 
まあ 美味しいんだわ