niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

持ち直す感覚

わたしは最近 すごく思う事がある

わたしが自分の友だちに話す内容、聞きにくいものが多いのです
今いてくれる 友だちに話すと、いつも感じる感覚があるのは …みんな  真剣に聞いてくれるから  この歳になって、友だちが出来た  
友だち  て言葉が使えるわ   
 
大きな進歩だったりする
 
話の解決よりもずっと大切なのは笑うことであり、前向きな言葉である
解決を急ぐひととは仲良くなれないことにも気付いた
 
病気 と言う言い方を好まない方も多いようだけど
わたしはそういう言葉の表現ひとつで 
人を見ない   だから、何か狭い感じがするのかな   
そんなことまで自分は気を遣えないのかな、
自分は 気遣いが足りないのかな 
でも  わたしは自分の表現方法を変える必要もないな
病気なんか 言い方ひとつで 内容は変わらないと思うから   
そういうことは強要しないな
強要されたこともないけれど、押しつけることではない
それがさ 個性なのに
 
相手との距離を掴むこと、おくこと、それが相手に対する愛情だったりすると
友だちとして自分が在りたいと思う、
素直な気持ち
 
例えば、病気にならなけりゃ  出会うことのなかった ご婦人、病歴は遥かに長い時間、でも  すごく人に対してあたたかい  彼女は  楽しい   話していて言葉があたたかい
ないたりわらったりする
ひとことひとことに 気遣いが溢れてるんです   わたしは自分が 彼女のようにはなれないことはわかっているけど  自分が評価される時、(評価とは少し違うかな) あんな風にあたたかいと思われたい
なんだか不思議で  可愛らしい考えを持ち  頭のキレる (少し早とちりしていたりする)   素敵な愛すべき  友だち
 
わたしにとって、彼女たちとメールなり、会話なり、会ったりしている時は
一回  抱えるように 持っていた荷物を一時的におろせるの
病気のことも、くだらないいざこざも
そういう事をさせてくれるのよ
一回おいて話そうぜー!みたいに
 
もちろん 永遠には続かない
夕方の5時にチャイムが鳴ったら  また明日ね、てな感じで 生活に戻り、その時にまた 荷物をどっこいしょと抱え直す  
気持ちは、軽くなってる てことは、荷物も少し軽くなってるのかも知れないね
 
テーブルクロスにする安売りしていた布がきたのだけど、わたし、ミシンが出来ないので周りを 縫ってもらうまで使えないんだわ
 
f:id:niemotti:20160125173313j:image