niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

思えば 終わるね 1年が

病名を受けてから  しばらくは一人で向き合う時間が続いた
今年は 居場所は変わることなく 様々な方と関わることが出来ました
大嫌いだったインターネットのおかげ

考え方を知り  生き方を知った
やっぱり わたしは人の話が好きだ 
共感することの方が圧倒的に少ない
でも、考え方があるだけ 人がいる事
人の数だけ 意見がある  て言うより
意見があるだけ人がいるて言う方が 
いまのわたしには嬉しい表現かな、と思う

世の中を見た なんて言えない 狭い世界
わたしの周り   そこの真ん中から 兄妹のお姉ちゃんとして、 健常者として、ある時は不貞腐れながら、そして、恋人が出来、奥さんとして、今、障害者として 井の中の蛙 かもしれないけど自分の周りを見てきた
わたしは 自分勝手だと思っていたけど
自分勝手じゃない人なんかあまりいないことに気付いたのは 救われた

自分では気付かない自分に気付いていたいのは (旦那に頼んだ 身近な指摘) 今のわたしがやっとできる オシャレ   
眉の手入れくらいだけど 
化粧をしなくなったら鏡を見ることは減った  いつも綿のワンピースを着て家にいるわたしは パンを焼いたり、お菓子を焼いたり 料理をしたり、これはこれで 楽しむべき生活だと、また、思い直す

わたしが人にできることはしたいとおもう、別に見返りばかりは期待してない
全てに
まだ、必要以上は必要ない
生かされてると少しでも思うなら 謙虚な姿勢 は人間として持っていたい わたしなりの (こういうのはカッコつけ?) 美学 てやつかもしれないよね

今 、自分のしていた事、できなくなりつある どうなるにゃ?    やる気ならある 
   
今まで楽しめた これからも楽しむよ