niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

差がね、あり過ぎる!!

差  というのは幅 ・ 開きが大きいと
何でも大変なものなのだろうか

あたしを悩ませる 差 は
とりあえず日常的な活動、今までの生活を続けたかった  ある日、あきらめるという選択が  今までの動きや生活をね
  
選択と言うよりも 選ぶ余地もなく

ちょっと前まで  こんなからだではなかった   
不平不満を言っても仕方ないけど
 

自分で話をした後   何も伝わってない
言葉になってないわけですから  
伝わりようがない
そんなふうになってしまった

原因はわからないけど、
わたしたちの夫婦は 夫と妻でなくなった
わたしはたまに旦那の 出来ない部下になり、ひどく罵倒される
今日の診察もそう、あたしの目の前で、あたしを笑い者にした
   
あたしは旦那に診察室から出てから 
なぜわたしをそんなに人にバカにしたように話すのか、理由を聞いた
「お前がバカだからだろ」と言われた
イミフ!
病気はバカだからなったわけじゃないよ
「あんたほんとに糞野郎だね!!」とつい言っちゃった、後ろのおばさんがこっちを見る  早足で無視して会計に向かう糞野郎はやっぱりわたしの手を引いていたけれど、
仲良くいたいから話をしたいのに
話をしなければわからないのに
わたしがいつまで話が通じるかわからないのに
あの時 ああしてたらよかった、て思うかもしれないじゃん、と言おうと思ったけど、前に言っていた  普通の女が良い てひとこと  思い出したら泣けてきた

わたしが思うほど 相手は考えてないな

て、思いながら 5時間発酵させたパン生地を 焼こうかな、てさ、旦那がこのパン好きだからね