niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

歪みなのかしら

例えば、こういう場所(ネット上)で、訳のわからない差別を受けること  は
非現実でないよな  居る 日常、もろ現実

差別するもんなのかもしれない  人て
差別て言葉がよろしくないけど
比較対象を作りたいのかもしれない
それによって、楽になるひともいるのかもしれないし、お手伝いをしようと、仕事として助けられながらもやっぱり、比較対象になる側は そう思えば考えることだってなくはない

いろんな理由で身体なんか 簡単に壊れてしまうことがあるなんて思わなかったから
変だなと思った時に 最初の総合病院では 「難病?  難病なんか、そんな簡単にかかるものじゃないですから」なんて言われて 投薬も遅れたなぁ  

そんな簡単にかかるものじゃないものが
別世界のものがいきなりやってくる
て 言うよりも 別世界に知らないうちに移動しているような

何かの歪みの拍子にわたしの頭の中で 一定の脳内物質を大量生産請け負ってる工場が大事故でも起こしたのか   半分は死滅してるとしたら  半分はフル稼働させなきゃ  

誰にも起こり得る話だってことを
わたしはいいたくないよね、

もう、誰にも起こらない 作り話だよ
なら、言いたいかもね!!