niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

ヘタッピなんだけど

最近、自分の書いた文章についていろいろ言葉をいただく機会がありました

読まれていると言うことですから、純粋に嬉しいです

わたしは物書きではないし、専門的な学びもないし、知識だって中途半端なもので、本格的な文章ではありません  しかし、自分の尊敬する女性から文章について言葉をいただきました  
もちろん、嬉しかったです  誰に評価されても、内容は褒められても、酷評であっても
わたしにとっては、読んでもらえたからこそ頂けるものだと思っているし、それが目的なんです

だから、それが嬉しかったです、
誰かの褒める点が他の方が不愉快に思う点であることもあることを知りました

そう考えると文章は時に優しくつつむお布団になってみたり、お腹を満たすおやつであったりして
友だちに言ったんだ、さっき

いいね、元気そうな文章!どんなうまい文章よりもステキ!!!

これがわたしの基準かな