niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

正体は

特定疾患 というものに指定されてる病気なので

有利な制度は利用させていただいております

 

でも、わたしは区役所に行ったのはもう数年前が最後

病名がわかる前だから  病気の関係の用事では行ったことがないのです

今日も その制度の更新だって旦那が行ってくれている

何もしてあげられないというけれど そんなことはないよね

見えるものだけではないし

それはわたしのまわりの誰にでも言えることで

 

昨日、病院に行く前に大喧嘩をした

「早く動け」とどなるから「動けねーんだもん」と言い返したら

悔しくなって泣いた いつも泣くと怒られる「うるせぇ、泣くな」ていうから

「泣きたくて泣いてんじゃねーし、全部が言うこと聞かねーんだよ」て言った

「俺だって会社休んでるんだぞ」・・・頼んでねーよ、と思って飲み込んだ

喧嘩の内容はだいたい決まっている

 

病院にはちゃんと行った

手をひいてくれるし エレベータの前に車椅子のおじいさん立往生してたら

そばに行って押してあげてた

こんな人だったかな?  わたしを座らせてから保険証の列に行き、

診察券の機械に行って、わたしに「トイレ、大丈夫?」と聞き、

また手を引いて待合室へ行く

 

帰りに 「なんともおもってなかったらあんなにむきになって大喧嘩しないよね」

なんて言っていた

会社休むのがホントはたやすいことでないのも、知ってるけど

なんか極端に優しくて極端に意地悪な人だな

と、旦那を思うわたしも

極端に優しく、極端に意地悪かもしれないよね

 

こんな人だったんだ、と思うこと 

いい方にたくさん悪い方に少し、がいいな  お互い様にね