niemotti’s mysterious everyday 2

ニエモッティ ズ ミステリアス エブリデ- 2

旦那さんの 普通

 

 

うちは ふたり暮らしで、家族構成は

「夫 と 妻 」

 

かつての喧嘩だと、

夫「俺は普通の生活がしたいんだよ!!」

妻 「わたしが普通ではないのだから、普通の暮らしは出来ないよ 」

 

夫「普通の女がいいよ… 」

妻「おお、こんな難病なんか 持っちゃって悪かったな !!」

 

こんなやりとりを何度かわからないくらいしてきた

最近、夕飯時に 夕飯が用意されていないときもある  

わたしが用意出来なかった時、仕事帰りに

「じゃ、惣菜でも買って行くよ!」

更に、

「俺 刺身食いたかったからちょうど良かった」

と言ってくれる

 

 

…さて、帰ってくると 

「お前の好きなもの買って来たよ!」と嬉しそうな顔、わたしはそれがなにかわかってる

だいたい外さないから

それは 「春巻き」と 「カキフライ」(もしくはクリームコロッケ ) 5個づつ

パックに入っている、スーパーのお惣菜

いっつも同じ  「わたしの大好物 」

 

そのまま 電子レンジでチン、皿にも移さずに

ソースやらの調味料をそのままかけちゃう…

たしかに洗い物は減る  だけど これも、

自分が守りたいことのひとつだった  惣菜を買うことはいいけど、せめて、お皿には移すこと

 

こんなのは 体が 動かないときには

こだわる必要がないとは思った  

けど、自分のルールとして、皿には乗せたかった

(こういう決め事て、だいたいは他人にとってはどうでもいいことだったりもしますけど )

 

 

 

今日の夕飯の風景

買ってきたままのフタ付きのお惣菜の容器のままのおかずが3つ、それにビール2本

旦那が今日あったことを笑える話だけ

話してくれたから ケラケラ笑った

旦那はビールは最近飲み過ぎを気にしてる、

でも飲んでる

旦那は アサヒのスーパードライ

わたしはキリンの一番搾り

 

食べて飲んだら 2人で一服

皿洗いは もう 旦那が担当してくれている

 

旦那が ひとこと

「俺はこういう 普通の生活が出来たら 幸せなんだ 」 

と言った  

旦那にとっては この生活は 普通の生活ではないと 前には 怒っていたのに

ともちろん黙って 笑った

 

それからなんとなく 笑っていた

なんとなく 嬉しくてさ

また、お菓子作れるように 頑張らないと!!

夕飯もね、まだまだ 動かなきゃ!

 

 

(•̀ᴗ•́)و ̑̑